哲学の先生家の給湯器が壊れたらしい

私は友人である哲学の先生のところによく行っています。
そこでは、哲学の進化について、いろいろ勉強しています。
もともと哲学には興味があったので、先生の話はとてもおもしろい内容です。
ある日、お茶を入れてくれるために台所に行ったところ、
給湯器が壊れたと言ってきました。
私の仕事は給湯器などの機械を扱っている会社で働いているため、
給湯器の修理はよくやっています。
先生の話を聞いて、私の自宅まで修理道具を取りに帰りました。
先生の家の給湯器は旧式だったため、修理するためにかなり苦戦をしました。
新しいものを買った方が良いと言いましたが、
この給湯器が気に入っているので、完全に壊れるまでは、使い続けるという話でした。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
ウェブサイト